株式会社ネットコンシェルジェ

“e-commerce branding”eコマースで、ブランディングを

「モノを買うこと」、これ以上の絆を強める行為はありません。

僕たちがeコマース上でブランディングを行う理由。
それは、eコマースを利用しようとしている人たちの状況は、
企業がブランディングを行う最高のタイミングと考えているからです。

「ブランディング」とはとても意味の多い言葉ですが、
「企業と顧客の絆を強める行為」といって差し支えないと思います。

だとすると、「お金を払って、モノを買う」こと以上の「絆を強める行為」は、
そうそうあるものではありません。

米国のMasterCardが発表した、「アジア太平洋・中東・アフリカ地域における
EC利用動向調査(2010年版)」によると、 日本ではインターネットユーザーの
実に75%が「eコマース」を目的としているそうです。

eコマース利用者のココロと行動を分析して、
「モノが欲しい」という一瞬のキモチと、あなたのブランドの魅力をつなぎ、
「モノを買う」という行動を通じて強い絆を創り上げる。

これが、僕たちの提供しているサービス、「eコマース・ブランディング」です。

違いは、eコマースサイトの「構築プロセス」にあります。

通常のeコマースサイトの構築プロセスでは、
とにかく売上を上げることを第一義として、様々な分析、企画が進められます。

しかし、安易な売上第一主義でeコマースの世界で生き抜くことは、
大変難しいことです。 あなたの商品やサービスが
他のeコマースサイトでも取り扱っているのなら、なおさらのこと。
一瞬で比較されてしまい、究極的には価格競争、規模経済の原理が働きます。

そして、価格勝負・規模経済のeコマースは、
日本では「楽天市場」「カカクコム」といった
サービスによって、最終形をむかえたといえます。

価格で勝負するのなら、あなたは従来のeコマースを続けていれば成功するはずです。
しかし、僕たちの構築プロセスは、
規模経済型のeコマースに真正面から勝負を挑むことはしません。
あなたのブランドがより多くの顧客を捕まえ、
より深い絆を創りだすことを第一義としてています。

eコマースを単純な売上増加の手法にとどめるのではなく、
企業価値向上のエンジンにすることを目的としたプロセスを提供します。

eコマースとブランド価値を同時に育てます。

ネットコンシェルジェの手法は他社と比べて、
短期的には売上が上がらないこともあります。

しかし、ブランド価値を高める僕たちの手法は、
可視化の難しい企業価値向上に確実にインパクトを与えます。
その結果として、eコマースの売上も(無用な販促費を積み上げること無く)
着実かつ健全に向上します。

あなたのブランドがこれまでにeコマースに取り組みながらも、
目覚しい成功を収められなかったのであれば、
原因はこの構築プロセスにあるのかもしれません。

今一度「ブランディング」という新しい目的を中心に据えて
eコマースを活用されるとき、僕たちの経験・ノウハウは
間違いなくお役に立てると確信しています。

WORKS

アパレル

マガシーク

ファッションECサイト「マガシーク」のリニューアルをプランニングから支援させていただきました。業界1位のZOZOを追撃すべく、サービスから店内の動線設計、クリエイティブに至るまで全てをゼロベースで見直しています。本事例はブログに詳細をまとめています。こちらもあわせてお読みください。

百貨店

髙島屋オンラインストア

大手百貨店「高島屋」のECサイト「高島屋オンラインストア」の運用支援、店舗改修などを支援させていただいています。動線改善の提案や、マルチデバイス対応、各種ツールの選定といったコンサルティング的な支援から、画面デザインやコーディングといった制作支援も行なっていいます。社内セミナーを開き、同社社員のナレッジ向上などにも貢献しています。

木版画

浮世絵のアダチ版画オンラインストア

「江戸より伝わる伝統技術で制作されている木版画」を伝えるためのコンテンツを配置し、リニューアル前は浮世絵印刷ポスターに見えていた離脱要素を解消しました。自宅用とギフト用の商品一覧はMTコマースの柔軟なカスタマイズ性により全く違うコンテンツに見えています。各種コンテンツをMovableTypeでMTコマース上の商品情報を利用して制作しているため、商品情報と連携したページ構成になりより早くお買い物いただけるようになりました。

アパレル

fragment 24.

クリエイターの藤原ヒロシ氏とネットコンシェルジェのコラボレーションプロジェクト。 1日1点、藤原ヒロシ氏が独自の視点で「モノ」をセレクト、24時間限定で配信します。 中には、このサイトからしか購入できないエクスクルーシブなアイテムに出会うことも。 ネット上に氾濫してしまった情報の価値を再構築しようとする、実験的なeコマース・プロジェクトです。

フレグランスブランド

retaW(リトゥ)

日本発のフレグランスブランド「retaW」のウェブサイト。retaWでは「香り」は伝えられなくても商品を使う「シーン」を伝えたいという思いがあり、「MTコマース」のもつデザインカスタマイズ力がこれを支援しました。データ入力画面もカスタマイズすることで、すべてのページを「ブログ形式」で更新可能になり、日々の運用負荷が大きく下がりました。「集客サポート機能」も非常に有用な機能として高い評価を受けています。

高級スーパー

紀ノ国屋オンラインストア
「e-shop KINOKUNIYA」

東京・青山に本店を構える高級スーパー「紀ノ国屋」のecサイト。MTコマースの基本システムをベースに様々なカスタマイズを施し運営しています。リニューアル前は「システム費用が高額だから」という理由で分析ツールの導入を見送っていましたが、MTコマースでのリニューアル後、Google Analyticsでの分析と改善作業を継続的に実施し、以来着実な成長を続けています。

ベビー用品通販

赤すぐnet

機能拡張リニューアルプロジェクトのサポートをさせていただきました。既存のデザイン/システムへの影響を最小限に抑えながら新機能を使い勝手の良い形で実装しました。クライアントからいただいた与件に対して議論を重ねることもありましたが、その結果インターフェイスはブラッシュアップされユーザーからも大変好評を博しているとのことです。

アパレル

eyeco OnlineShop

株式会社リクルートによる、ココロとカラダに気持ちいい、あしたのための通販マガジン「eyeco」のオンラインショップ。オーガニックコスメ、おしゃれな海外雑貨など世界中から厳選したアイテムを通販できます。 ネットコンシェルジェでは、構築済みのECシステムに対して変更の負荷をかけず、最大の効果を得ることを目的として、画面設計フェイズ以降を担当させていただきました。

アパレル

UNIQLO

株式会社ユニクロのウェブサイト統合プロジェクトをサポートさせてをさせていただきました。ユニクロは複数のサイトを運営していましたが、サイトシナジーの最大化を図るために「各サイトの統合戦略」を選択しました。結果として、ユーザーナビゲーションフローが簡略化され、より多くの情報に接触させるサイト構造が完成しました。

コスメブランド

トリニティーライン

ドクターズコスメブランド「トリニティーライン」のECサイト。リニューアル前の非常に高い直帰率の分析、その結果に基づいた動線の再設計と情報の拡充を行い、直帰率は当初の1/3まで改善。フロントエンドの改善の他、ECサイトのシステムもフルスクラッチで構築。基幹システムとのシームレスな連動システムを実現しオンライン販売フローの業務効率改善にも貢献しています。

MESSAGE from Client

ネットコンシェルジェさんの一番いいところは、既成概念を安易に持ち出さない&許さないところ。

ネットコンシェルジェさんとの出会いは、約3年前。現在の「ケイコとマナブ.net」のリニューアルのお仕事の時でした。そのプロジェクトは、サイトのデザインはもちろん、コンセプトや裏側のシステムまで作り変えるビッグプロジェクト。当初、そのプロジェクトの大きさを理由に、周囲からは、他のもっと大きな会社さんを勧められていました。
でも。
社長でもある尼口さんとお会いして、「この人は、きっと逃げない人だ!」という直感を信じ、お仕事を依頼。

最初の直感通り、ネットコンシェルジェさんは、約1年半に渡る大変なプロジェクトから、一歩も逃げず、やり遂げてくださいました。
ネットコンシェルジェさんの一番いいところは、「これまではこうだから」「一般的にはこうだから」という、既成概念を安易に持ち出さない&許さないところ。カンタンなようで、保ち続けることが一番難しいことだと思います。

大胆な忘れ物をしたり、会社の備品を無邪気に持ち帰ったりと、おちゃめさ満載な尼口さんには、精神的にも何度となく助けていただきました。今後も、ネットコンシェルジェさんのご繁栄をお祈りしています!

2008年11月

株式会社リクルート
学びカンパニー メディアプロデュース部

野村 恭子

あえて難しくしない、こりすぎない「しくみ」の提案をいただいたのは目から鱗でした。

「化粧用具」という、弊社のロングセラーであり、幅広くご愛用いただいている商品のサイトでお世話になっています。そのような商品のため、お客さまの年齢もWEBへの理解度なども様々。難しい条件の中、デザインやムービーの華やかさだけにとらわれず、いかに、どなたでも迷わず、すみずみまで見てもらえるために、あえて難しくしない、こりすぎない「しくみ」の提案をしていただいたのは目から鱗でした。

これからも、私たちのその先の、お客さま目線で、鋭く切り込んでいただけると嬉しいです。

2008年11月

株式会社資生堂
宣伝制作部

近森 未来

ユニクロが世界に出て活躍するにあたって、貴重なパートナーとして大変お世話になりました。

ユニクロのWEBサイトを一新・再構築するにあたって、機敏に、ロジカルに対応いただけました。またグローバルでのモニターシステム運用も低コストで対応いただき満足しています。ユニクロが世界に出て活躍するにあたって貴重なパートナーとして大変お世話になりました。

2008年11月

株式会社ファーストリテイリング
グローバルコミュニケーション部 部長
クリエイティブ・マネジメント ディレクター

勝部 健太郎

「使い勝手と見栄え」の調和を見事に表現していただきました。

まず、デザイン品質が高いことが魅力でした。
実際にご協力いただいたプロジェクトでは、「使い勝手と見栄え」の調和を見事に表現していただきました。技術ありきではなく、課題を解決するための最適なソリューションをフラットな視点で提案していただけるので心強いです。

加えて、ユーザのココロを動かすための“エッセンス”を注入することで魅力的なWebサイトに仕立てる、素敵なセンスを感じています。今後ともよろしくお願いします。

2008年11月

株式会社リクルート
街の生活情報カンパニー

田村 耕人

お客様の事を常に考え、意志をもったご意見をいただいております。

WEBサイトの再構築にあたっては、UNIQLOという企業を理解し、UNIQLOのお客様の事を常に考え意志をもったご意見をいただいております。本当に親身になって対応していただけるので、信頼しているパートナーさまです。

また通常運用で7カ国から入る、スケジュール管理しにくい更新内容に対しても、丁寧で迅速に対応していただき、誠に感謝しております。

2008年11月

株式会社ユニクロ
グローバルWEB事業部 グローバルECプロジェクト

江口 修平

会社案内ダウンロード
(PDF:392KB)

ABOUT US

商号
株式会社ネットコンシェルジェ
NetConcierge Co.,Ltd
本社
〒107-0052
東京都港区赤坂2-23-1
アークヒルズフロントタワー #801
設立
2003年11月7日
資本金
4,000万円
(資本準備金1,500万円を含む)
TEL
03-6459-1635
E-mail
info@netconcierge.jp
FAX
03-6459-1636
URL
http://netconcierge.jp/
役員
代表取締役 尼口 友厚
取締役 太田 篤志
取締役 三浦 貴之
監査役 千賀 貴生
(株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)
社員数
18名(契約社員等含む/2013年4月現在)
法務顧問
TMI総合法律事務所
主要取引先 (敬称略、五十音順)
株式会社アイスタイル / 伊藤忠エレクトロニクス株式会社 / エム・ティーヴィー・ジャパン株式会社 / オルビス株式会社 / 株式会社キノトロープ / 株式会社資生堂 / 株式会社電通 / 株式会社電通ミュージックアンドエンタテイメント / デジタルハリウッド株式会社 / トランスコスモス株式会社 / ドクタープログラム株式会社 / トレンドマイクロ株式会社 / 日本アムウェイ株式会社 / 株式会社メンバーズ / ユニバーサル ミュージック株式会社 / 株式会社ユニクロ / 株式会社リクルート / 株式会社リクルートエグゼクティブエージェント / 株式会社リットーミュージック

CONTACT US

弊社へのご質問、仕事のご相談、お見積の依頼などは下記の電話番号、またはお問い合わせフォームよりお願いします。なお、お問い合わせ内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

※ご入力いただく個人情報(氏名、電話番号、年齢、メールアドレス等)の取扱いについては、弊社個人情報保護方針をご参照ください。

株式会社ネットコンシェルジェ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー #801
TEL:03-6459-1635 (土日祝日を除く11:00~20:00まで)
FAX:03-6459-1636
MAIL:info@netconcierge.jp
お名前

フリガナ

会社名

部署・役職

メールアドレス

電話番号

 ― 

 ― 

FAX番号

 ― 

 ― 

お問い合わせ内容

※最大870文字

個人情報の取扱いについて

お問い合わせは、個人情報の取扱いについて同意の上で送信してください。

お問い合わせ頂きありがとうございます。

可能な限り早くEメールにてお返事するよう心掛けております。
お返事が遅れてしまう場合もございますが、今しばらくお待ちください。

Privacy policy

株式会社ネットコンシェルジェ(以下、当社といいます)は、インターネットを利用したサービスの提供をする企業として個人情報を個人の方々の貴重な財産であると認識しております。また、お客様から求められている個人情報の取扱に関する適切性の確保を、企業全体の最重要課題と捉え取り組んでおります。このような背景を鑑み、個人情報の取扱について、次のように方針を定めます。

1. 当社の個人情報保護方針の目的

  1. 1)確実な個人情報の保護を実現し、お客様への継続的な安心を提供する。
  2. 2)確実な個人情報の保護を実現し、従業員への継続的な安心を提供する。

2. 個人情報の取扱について

当社はサービスに関する顧客情報や従業員情報等の個人情報の取扱につき、
業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立するとともに、社内規定に従い適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の取得について
個人情報を収集する際には、お客様及び従業員に対し収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。
(2)個人情報の利用について
個人情報を利用する際には、お客様及び従業員が同意を与えた収集目的の範囲内のみで利用致します。
(3)個人情報の提供及び預託について
個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様及び従業員が同意を与えた収集目的の範囲内でこれを行います。なお、提供及び預託を行う場合は、事前にお客様及び従業員に事前の承諾を頂いてから行います。

3. 安全対策の実施について

当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を確実に防止致します。また、内部監査の結果、市場のセキュリティ事故の実例ならびにお客様及び従業員からの要望等により改善が必要とされたときには、速やかにこれを是正致します。

4. 法令・規範の遵守について

当社は、確実な個人情報保護の実現のため、個人情報保護法などの法令、ガイドライン等を遵守致します。

5. コンプライアンス・プログラムの継続的改善について

当社は、内部監査や事業の代表者によるコンプライアンス・プログラムの見直しの機会を通じてコンプライアンス・プログラムを継続的に改善し、常に最良の状態を維持します。

6. お客様及び従業員の権利の尊重

当社は、お客様及び従業員の権利を尊重し、お客様及び従業員から自己情報の開示、訂正・削除、または利用若しくは提供の拒否、苦情や相談に対して遅滞なく対応致します。

個人情報保護のための計画
・保有個人情報の特定
・法令及びその他の規範の遵守
・内部規定の策定
・計画書の策定
個人情報保護の実施及び運用
・体制及び責任の明確化
・個人情報の収集に関する措置の実施
・個人情報の利用及び提供に関する措置の実施
・個人情報の適正管理
・個人情報に関する情報主体の権利尊重
・社内教育の実施
・苦情及び相談への対応
・コンプライアンス・プログラム文書の整備
・文書管理の徹底
監査の実施
事業者の代表者による見直し

制定日 2005年5月30日
改定日 2013年3月19日
代表取締役社長 尼口友厚

個人情報保護方針に関するお問い合わせ
株式会社ネットコンシェルジェ 個人情報管理責任者
連絡先電話:03-6412-8166
対応時間:平日11:00〜20:00
メールアドレス:info@netconcierge.jp

個人情報の取扱いについて

当社におけるお客様情報の利用目的

当社は当サイトにおいて収集したお客様情報を下記の目的で利用いたします。法により認められている場合・あらかじめご本人の同意を得ている場合を除き、下記の利用目的の達成に必要な範囲を超えてお客様情報を取扱うことはいたしません。

  1. 1. ご注文商品の配送、メールマガジンの配信等、お客様がご希望されたサービスの提供を行うため。
  2. 2. お客様へより質の高いサービス提供を行う方策を講じるための統計的資料を得るため。

当社において収集するお客様情報の内容

当社が当サイトにおいて、上記の目的で収集するお客様情報には、以下のものがあります。

  1. 1. 氏名
  2. 2. 郵便番号、住所
  3. 3. 電話番号
  4. 4. メールアドレス
  5. 5. 性別
  6. 6. 生年月日

尚、以上の個人情報は、全て「お客様の意思」によってご提供いただくものです。但し、これらのお客様情報を御提供いただけない場合、サービスの一部が利用できないことがあります。

安全対策の実施について

当社は、お客様情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を確実に防止します。また、内部監査の結果、市場のセキュリティ事故の実例ならびにお客様からの要望等により改善が必要とされたときには、速やかにこれを是正します。

お客様情報の第三者への提供について

当社は、次に掲げる場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなくお客様情報を第三者に提供することはいたしません。

  1. 1. お客様から事前に同意を得ている場合。
  2. 2. お客様が希望されるサービスを行うために当サイトが業務委託先等に必要な範囲で開示又は提供する場合。
  3. 3. 統計的資料等の個人を特定できない形式で開示又は提供する場合。
  4. 4. 個人情報に関する守秘義務、再提供禁止及び事故時の責任分担等の契約を締結し、個人情報に関して当サイトと同等の取り扱いが担保されている第三者に対して開示又は提供する場合。
  5. 5. 裁判所、検察、警察その他の司法機関又は行政機関から法的義務を伴う開示要請を受けた場合。
  6. 6. 当サイト又は第三者の権利、財産、安全等を保護するために必要であると当社が合理的に判断した場合。

お客様情報の預託について

当社は業務委託等にともない、お客様情報の取扱を社外の第三者に委託する場合は、預託されたお客様情報の安全管理が確保されるよう、適切な委託先を選定するとともに、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。

以下の業務委託会社へは、業務に必要な情報を預託しております。これらの会社は、個人情報の秘密を保持する義務を負い、それ以外の目的で情報を使用することは禁止されています。

  1. 商品配送サービスとして:ご注文者名、配送先情報、配送商品情報
    1. 1.日本通運株式会社
    2. 2.ヤマト運輸株式会社
    3. 3.郵便事業株式会社
    4. 4.佐川急便株式会社
    5. 5.その他

開示対象個人情報の利用目的

  1. お客様情報:上記に記載しております
  2. 採用応募者:採用選考・連絡に利用いたします
  3. 従業員情報:勤務管理・人事給与・福利厚生・社会保険・連絡等に利用いたします

開示対象個人情報に関する事項

1.開示対象個人情報の開示について
当社は、ご本人から開示対象個人情報の開示のご請求を受けた場合には、ご本人と同意した方法で開示いたします。ただし、次の場合には開示をお断りすることがございます。その場合には、開示が出来ない理由をご説明申し上げます。なお、開示に必要な費用(1,050円)をご請求申し上げることがあります。
1)開示を行うことによりご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれのある場合
2)開示を行うことにより、法令に違反することとなる場合
2. 開示対象個人情報の利用目的の通知について
当社は、ご本人から開示対象個人情報の利用目的の通知のご請求を受けた場合には、利用目的をお知らせいたします。ただし、次の場合には通知を行わないことが あります。その場合には、通知を行わないことを、その理由と共にお知らせいたします。なお、通知に必要な費用(1,050円)をご請求申し上げることがあります。
1)利用目的をご本人に通知することによりご本人又は第三者の生命、財産その他の権利利益を害するおそれのある場合
2)利用目的をご本人に通知することにより、当社の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
3)国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれのある場合
3. 開示対象個人情報の訂正等について
当社は、ご本人から開示対象個人情報の内容が事実でないという理由によって当該情報の内容の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」といいます。)のご請求を受けた場合には、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく事実確認等の調査を行い、ご請求に理由があることが分かった場合には必要な訂正等を行います。訂正等を行った場合、可能な範囲内でその旨をご本人にお知らせいたします。
4. 開示対象個人情報の利用停止等について
当社は、ご本人から、当社の収集する開示対象個人情報が、あらかじめご本人から同意を得た目的以外に利用されているとの理由又は不正な手段で取得されたもので あるとの理由によって、当該情報の利用の停止又は消去(以下「利用停止等」といいます。)のご請求があった場合には、必要な調査を行い、当該情報の利用停止等を行い又はご本人の権利を保護するためのこれに代わるべき措置を取ります。利用停止等を行った場合にはその旨をご本人にお知らせいたします。
5. 開示対象個人情報の第三者提供の停止
当社は、ご本人から、当社の保有する開示対象個人情報が、あらかじめご本人の同意を得ることもなく第三者に提供されているという理由で、第三者への提供の停止のご請求があった場合には、必要な調査を行い、ご請求の内容に理由があることが分かった場合には、当該情報の第三者への提供の停止を行います。
6.請求の手続きについて
上記1から5の請求は、当社の個人情報管理責任者にて承ります。なお、開示対象個人情報のお問い合わせの際は、ご本人であることを確認させていただく場合がございますことを、あらかじめご了承ください。

株式会社ネットコンシェルジェ 個人情報管理責任者:総務担当
連絡先電話:03-6459-1635
対応時間:平日11:00~20:00
メールアドレス:info@netconcierge.jp
7.質問・苦情受付 窓口
開示対象個人情報の取扱及び開示対象個人情報の安全管理措置に関する質問及び苦情については、当社の個人情報管理責任者(上記)を通じて受け付けます。その際にお手紙または電子メールにてご連絡ください。

付則: 2006年4月14日 発効
2010年6月3日 一部改訂
2011年11月22日 一部改訂
2013年3月19日 一部改訂